2007年3月号

公職研

2007年3月号

2007年3月号

目次

  • 【特集】  「格差」時代の自治体の役割〜憲法25条と自治体
    • 世は格差社会といわれる。その原因を、漠とした「時代」や国に置くばかりではいけない。また生きようとする努力を自己責任として各個人に任せきりにしてはならない。様々な人々の生活を守るために、自治体に何ができるだろうか。

      ◆憲法25条と自治体の役割/篠崎次男
      ◆「無法地帯」生活保護行政―その正常化のための「水際作戦」撲滅作戦/小久保哲郎
      ◆どうする!?生活保護『不正受給』問題/杉山富昭
      ◆生活保護行政と自立支援プログラム/池谷秀登
      ◆障害者自立支援法と自治体/石渡和実
      ◆無業者問題〜自治体に何を期待するかーひきこもり問題を中心に/上山和樹
      ◆多重債務者支援に求められるもの/佐藤順子

  • 【ミニ特集】  個人情報はいま・・・
    • 個人情報の取り扱いをめぐって、様々な問題が起こっている。個人情報・住基ネット体系をめぐって新たな判断が示された訴訟レポート、自治体の保有する個人情報の有用性に目を向けた論考、なりすまし犯罪を防いだ対応マニュアルの実務ポイントを紹介する。

      ◆「個人情報コントロール権」のゆくえ〜箕面市「住基ネット」判決/西邑 亨
      ◆タブーを越えて〜自治体保有個人情報の第三者提供を可能にする仕組み/皆川治廣
       ◆効果てきめん!不正請求対応マニュアル(八王子市)/武田 衛

  • 【連載記事】
    • ◆自治分権はとまらない<法律の規律密度改革戦略>/北村喜宣
      ◆葉上太郎の都政ウオッチング<「非」名誉都民の思い>/葉上太郎
      ◆議会は変わる<三重県議会基本条例の目指すもの>/藤田正美
      ◆Forum通信<変えなきゃ議会2007>/編集部
      ◆メンタルヘルス119番<復職のタイミングを探る〜上司・人事・主治医・産業医の連携(2)〜>/吉野 聡
      ◆創造型行革に向けて<足立区における公共サービス改革の取り組み>/清水和義
      ◆未来型福祉のかたち<誰もが、ありのままに・その人らしく地域で暮らすために>/横山正博
      ◆成熟社会の新・市民参加論<「もう一つの役場」づくりの活動から>/安藤周治
      ◆21世紀の環境政策を考える<「福島議定書」のとりくみ−子どもが主役の地球温暖化防止活動>/高田 篤
      ◆自治資料紹介<御蒿町史 通史編 現代〜産業問題の記憶を次代に>/佐久間英明
      ◆安心・安全なまちへの提言<生命を守る!―トイレ対策は防災の要>/山本耕平
      ◆シネマDE地方自治<フラガール>/田中義政
      ◆施設から見る自治体の“文化水準”<にしすがも創造舎/NPOと豊島区の協働>/松本茂章
      ◆ごみ減量最前線!<市民と二人三脚で進むリサイクル・碧南市>/服部美佐子
      ◆職場リーダーの「こんな時、どうする?!」<市民から見た自治体職員>/平賀元晃
      ◆官吏意外史<堀 平太左衛門 人づくりは木づくりだ>/童門冬二
      ◆自主研究グループからの発信<判例研究の蓄積を実務に生かす(2)>/北海道労働判例研究所
      ◆争訟法務・最前線!/羽根一成
      ◆海外自治情報/東条正美

  • Q&A<公的個人認証サービス>
    法令速報<地方分権改革推進法/同州制特区法>
    NETWORK
    BOOKS
    読者のひろば

  • 【ケースで学ぶ実務演習】
    • ●行政実務 工業都市の観光振興策とはどのようなものか
      ●人事実務 任期付職員の給与及び勤務条件の取扱はどのようにすべきか
      ●財務実務  新型交付税によって地方交付税はどのように変わるか
      ●税務実務 徴収率向上のため、都道府県の職員交流をどのように行うか
      ●福祉実務 精神障害者の救急医療体制はどのように整備をすすめたらよいか

  • 【昇任試験V講座  第6講】
    • 憲法/行政法/地方自治法/地方公務員法/実務諸法/資料読解論文/主任係長論文/政策形成・行政経営/会計知識/組織運営/課長職・行政判断/知能分野/資料解釈/時事問題


一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.