2010年9月号

公職研

2010年9月号

2010年7月号
  • 自治・分権改革の進展により、個々の自治体の政策形成能力が求められ、政策に対する説明責任が問われるようになった。すなわち自治体職員は、政策の正当性・妥当性の向上に努めることになるが、よりよい政策の形成のためにどのような場があり、どのような主体が関わるのか。また、どのような「装置」が開発されてきたのか。政策の正当性・妥当性向上(低下)に関する要素ごとに、そのポイントを分析する。

目次


    【特集】政策の正当性・妥当性
    ◆自治体の信頼性を高める政策パフォーマンス要因/大山耕輔
    ◆政策の正当性・妥当性〜政策評価の視点から/山谷清志
    ◆自治体の政策決定機構〜合議体における政策決定の正当性確保/伊藤正次
    ◆ローカル・マニフェストが活きる地域経営を目指して/鎌田徳幸
    ◆事業仕分け〜政策の正当性・妥当性を向上させるために/小瀬村寿美子
    ◆福島県内の市町村議会議員意識調査から見えてくること/柏村秀一
    ◆“子どもの声”はどこにあるのか〜『横浜市児童相談所50周年記念誌』の編纂を通じて/守田 洋
    ◆政策の正当性・妥当性と政策法務〜政策法務による政策の適法性と司法審査/稲葉博隆

    ◆10年目のパラダイム転換〈地域医療の危機が地方自治体に教えるもの〉
    /伊関友伸
    ◆葉上太郎の都政ウオッチング〈肉食系男子振興局〉
    /葉上太郎
    ◆都市のルネサンスを目指して〈つくばの都市の豊かさを伝える〉
    /永井正毅
    ◆創造型行革に向けて〈職員一人ひとりの創意工夫でサービスの向上・経費節減を目指す〉
    /足利市
    ◆政策法務入門講座〈合憲限定解釈の意義と問題点〉
    /宇那木正寛
    ◆topics!〈公共サービスの担い手としての非正規職員の実態と課題〉
    /上林陽治
    ◆Forum通信〈第16回自治体法務合同研究会〉
    /編集部
    ◆活かせ! 地域力〈京都府地域力再生プロジェクト〉
    /梅原 豊
    ◆自治体政策条例の現況と展開〈政策法務的法令解釈とは?〉
    /いばらき政策・法務研究会
    ◆お役所仕事から一歩前へ〈フードバンク『おむすび』による食育支援〉
    /玄海町
    ◆パワハラ防止対策委員会!〈パワハラとは言わせない〉
    /金子雅臣
    ◆循環型社会をつくる!〈産官学の連携で漂着ごみ問題の改善に取り組む〉
    /小松弘幸
    ◆議会は変わる〈高い政策形成能力を目指し議員全員で取り組む〉
    /大分市議会
    ◆ICT・現在形!〈地域ICTを利活用した健康増進および地域活性モデルの事業化〉
    /旭川市
    ◆Forum通信〈神奈川自治政策研究会1周年フォーラム〉
    /編集部
    ◆GAH〜荒川区の提案〈荒川区民総幸福度(GAH)の向上を目指して〉
    /荒川区
    ◆メンタルヘルス119番〈現代型うつ病に対する職場対応・その3〉
    /吉野聡
    ◆地域を元気にする! コミュニティビジネス支援のコツ〈環境共生・緑地保全分野〉
    /風見正三
    ◆ごみ減量最前線!〈環境保全協力金を活用し、ごみ減量に取り組む米沢市〉
    /服部美佐子
    ◆官吏意外史〈熊沢蕃山(31)死んで多くのタネを生む〉
    /童門冬二
    ◆自主研究グループからの発信〈見ちゃう・聞いちゃう・しゃべっちゃう〉
    /政策法務研究会わこうど(和光市)

    ●NETWORK
    ●ヒトを動かすヒトコト/山路栄一 
    ●争訟法務・最前線!/羽根一成
    ●Q&A〈地域力創造有識者会議最終とりまとめ〉
    ●BOOKS
    ●47行政ニュース! 
    ●法令速報〈公共建築物木材利用促進法/口蹄疫対策特別措置法〉
    ●読者のひろば

    【ケースで学ぶ実務演習】
    行政実務 文化施設の指定管理者の再選定の上でポイントとなることは何か
    人事実務 非違行為を起こした職員の期末・勤勉手当について、どう取り扱うべきか
    財務実務 公共サービス基本法はどのように活用されるべきか
    税務実務 現地調査による構造減免車への減免要件の適用をどうするか
    福祉実務 成年後見制度創設から10年、住民の権利擁護にどう取り組んでいくか

     

    【昇任試験V講座 直前対策】
    憲法/行政法/地方自治法/地方公務員法/実務諸法/行政課題論文/時事問題/行財政知識/組織運営/行政判断/知能分野/資料解釈


一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.