2010年11月号

公職研

2010年11月号

2010年11月号
  • 持続可能で元気な地域づくりが重要な課題になっているいま、地域の力を高めるためには、地域経済の活性化や公共サービスの再構築、新しいビジネスの掘り起こしなど新領域の開拓が必要だ。そうした新しい地域づくりをともに支える活動に、自治体はどのような“支援”をしていくべきか。自治体の“支援”の現状とその問題点から、これからの方向性を探る。

目次


    【特集】地域づくりと自治体の支援
    ◆地域経済再生の戦略〜地域内再投資力を高める
     /岡田知弘
    ◆市民セクターを強くする資金調達・経営支援
     /小関隆志
    ◆改めて考えるNPO政策=`変わる制度の中で
     /松原 明
    ◆市民活動の「自発性」を生かす「協働」再考
     /庄嶋孝広
    ◆自治体による市民活動への財政支援の課題とあり方
     /NPO活動推進自治体ネットワーク事務局
    ◆f―Bizの実践から見る公的産業支援機関の役割
     /小出宗昭
    ◆地域で自分らしく生きるための起業を支える
     /田坂逸朗

    【連載】
    ◆10年目のパラダイム転換〈地方分権・地域主権下の教育行政における変化と今後の課題〉
    /八尾坂 修
    ◆葉上太郎の都政ウオッチング〈都民様はお客様です〉
    /葉上太郎
    ◆新しい『参加』への挑戦〈きらりとひかるまちづくり 自治基本条例と三郷学〉
    /三郷市
    ◆パワハラ防止対策委員会!〈遅れてきた“五月病”〉
    /金子雅臣
    ◆創造型行革に向けて〈構想から具体策へ〜1010プログラム〉
    /上天草市
    ◆メンタルヘルス119番〈うつ病を理解する〉
    /吉野 聡
    ◆お役所仕事から一歩前へ〈大人気!婚活サポート≠堰\リーグの秘密〉
    /伊豆市
    ◆自立と支援、支えあいの福祉社会に向けて〈福祉・介護人材の確保と定着に向けて〉
    /川崎市
    ◆都市のルネサンスを目指して〈登録文化財とあるもの活かしのふれあい観光〉
    /谷内博史
    ◆topics!〈「平成の大合併に揺れた全国市区町村訪問活動」で感じたこと〉
    /桜庭康喜
    ◆政策法務入門講座〈公の施設の管理と条例事項〉
    /宇那木正寛
    ◆Forum通信〈対話と交流による「市民の議会」づくりを〉
    /市民と議員の条例づくり交流会議事務局
    ◆汗かこう! 楽しもう! 地域おこし〈地域は自らつくる〉
    /豊丘村
    ◆自治体政策条例の現況と展開〈残土の不適正処理に対する条例規制・下〉
    /いばらき政策・法務研究会
    ◆GO!コラボ!!〈「公共施設点検キット」商品化の試み〉
    /宮城
    ◆循環型社会を創る!〈資源循環型社会をめざして町の資源を活用!〉
    /築上町
    ◆議会は変わる〈議会を変える議員をつくる〜若手政治家養成塾〉
    /中島直樹
    ◆施設から見る自治体の“文化水準”〈中之島4117〉
    /松本茂章
    ◆ごみ減量最前線!〈日野市が取り組む「容器包装お返し大作戦」〉
    /服部美佐子
    ◆官吏意外史〈勝 海舟A横井小楠の破約攘夷論〉
    /童門冬二
    ◆自主研究グループからの発信〈『ガイカク』からパートナーグループへA〉
    /春日井市パートナーグループのあり方研究グループ(春日井市)

    ●NETWORK
    ●ヒトを動かすヒトコト/山路栄一
    ●争訟法務・最前線!/羽根一成
    ●Q&A〈企業再生支援機構〉
    ●BOOKS
    ●47行政ニュース!
    ●法令速報〈農業改良資金助成法等改正/低炭素投資促進法〉
    ●読者のひろば

     

    【ケースで学ぶ実務演習】
    行政実務 「行政サービス制限条例」の制定にあたって考慮すべきことは何か
    人事実務 人事異動における公募制人事制度はどのように実施したらよいか
    財務実務 法人実効税率の引き下げが地方財政運営に与える影響は何か
    税務実務 減免中の固定資産に所有権移転があった場合、減免の取扱いはどうなるか
    福祉実務 生活困窮者に対する支援の現状と期待される取組みとは

     

    【昇任試験V講座 第2講】
    憲法/行政法/地方自治法/地方公務員法/実務諸法/事例式論文/時事問題/行財政知識/組織運営/課長職・行政判断/知能分野/資料解釈


一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.