特集('00)

※毎年12月号では、その年の記事タイトル・著者名を掲載しております。こちらもご利用下さい。

     12月号 2000年の地方自治を振り返る

地方分権一括法の施行と地方分権改革の動向/白藤博行
公共事業見直しと地方分権/保母武彦
介護保険実施で問われた自治体の対応/石川 満

社会変革の中で地方自治のあり方を考える/川崎政司
2000年の立法を振り返る

(地方自治法改正/地方公務員派遣法/循環型社会形成推進基本法/廃棄物処理法等改正/資源有効利用促進法/建設リサイクル法/食品リサイクル法/グリーン購入法/大深度地下利用法/都市計画法・建築基準法/漁港法改正/社会福祉事業法等改正/児童虐待防止法/バリアフリー法

最新重要判例から自治を見る

     11月号 問われる公共サービス・新官民役割分担論

公共サービスと「官民関係」/今村都南雄
自治体はPFI制度をどう活用すべきか/宮脇 淳
分権時代における公共サービスと受益者負担/林 宜嗣

サービス原価から考える公共サービスのあり方/南 学
アウトソーシング(民間委託)の進め方・考え方/坂田期雄
公共サービス提供主体としてのNPOの可能性/平石正美
市民の視点で福祉サービスの苦情を処理/東久留米市

東京都における特別養護老人ホーム経営支援事業/東京都

札幌市における地下鉄駅業務委託/札幌市

施設経営改革を民間委託で/倉敷市

     10月号 自治体のリスクマネジメント

政策判断と責任/逢坂誠二
「情報」が危機を左右する/葉上太郎
自治体の組織風土と市民の責任意識/江口清三郎
自治体リスクマネジメントシステムの弱点/高梨智弘
《ヒト》カギは管理職職員の倫理意識と指導力/平賀元晃
《モノ》瑕疵責任の考え方/林田 学

《カネ》外郭団体の経営リスクに対する統制制度/小林宏之

《情報》自治体情報リスクとデータ管理/多賀谷一照

《災害》自然災害への対応/重川希志依

     9月号 IT革命と電子自治体

ネット民主主義/廣瀬克哉
自治体IT革命による行政改革の考え方/榎並利博
電子自治体を生む公共IT革命/井熊 均
川崎市におけるGISを活用した総合政策評価/鈴木雄二
市川市におけるコンビニでの行政情報サービス/井堀幹夫
ホームページによる申請書サービス(東海市)/城所 卓

情報公開請求がインターネットでできるまち(橿原市)/山崎貴浩

電子決裁による行政改革(草加市)/木曽義夫

喜入町におけるITによる情報共有化と事務改善/中釜幸栄

横須賀市における電子市役所推進プラン/廣川聡美

     8月号 地方分権−次の一手

分権時代の条例づくり/山口道昭
分権時代の職員研修/森 啓
分権時代の行政評価の進めかた/古川俊一
分権時代にバランス・シートを/今井勝人
司法分権−自治体司法の可能性/宮脇 淳
分権時代の自治体オンブズマン制度/今川 晃

地方分権と庁内分権/南 学

今次分権改革と市町村への権限委譲/寺 洋平

未完の「自治・分権」改革としての都区制度/栗原利美

     7月号 ランキングで見る自治体財政改革
財政指標から見る自治体財政改革の方向/金澤史夫
地方財政危機と財政分析手法の開発/小西砂千夫
地方債格付けと自治体財政/乾 智里
市民と職員による予算分析と自治体財政改革/安達智則
武蔵野市・三鷹市・小金井市の財政から考えるこれからの自治体運営/天野巡一
都道府県および全国693都市財政ランキング/編集部
     6月号 条例づくりと自治のエンパワメント
条例づくりと自治のエンパワメント《序章》/編集部
政策法学から見た条例設計の手順と考え方/阿部泰隆
検証/景観・環境条例の可能性と限界/南川諦弘
行政評価、パブリック・コメント制度と条例の目的規定/田中孝男
自治体立法機関としての議会のあり方を考える/高井章博
自治体の法務体制と条例制定過程の現状と課題/(財)日本都市センター
市民・子どもたちとともにつくる子ども権利条例案(川崎市)/小宮山健治
歴史が薫るまちづくり(金沢市)/久郷真佐美
住民投票を盛り込んだまちづくり(長崎県小長井町)/編集部
政治倫理条例のつくり方/斎藤文男
情報公開条例に見る自治体の取り組み/三木由希子
     5月号 21世紀型自治体のニュースタンダード
自治憲章・自治基本条例/辻山幸宣
課税自主権と外形標準課税/神野直彦
住民投票条例から地方自治を考える/富野暉一郎
自治体版パブリック・コメントの可能性/北村喜宣
地区計画が広げるまちづくりの可能性/細木博雄
情報公開型自治体会計を考える/田口一博
環境会計による環境マネジメント/小山 隆
エコマネーが拓く真のまちづくり/加藤敏春
     4月号 2000年型自治体職員のための基礎知識 
分権型自治制度の基礎知識/上坊勝則
税財政改革と今後の戦略/星 直樹
21世紀型住民サービスのためのパラダイム転換/江口清三郎
行政評価・行政改革の急速な流れを素早くつかむ/吉川富夫
介護保険から始まる福祉の変革/我妻 弘
「新しい公共」づくりを目指して/折戸雄司
21世紀型自治体のための組織改革/小林文雄
     3月号 財政危機突破の産業振興
自治体の地域産業政策/清成忠男
中小製造業の復活と広報化する行政/中沢孝夫
新しい産業振興としてのコミュニティ・ビジネスの現状と可能性/細内信孝・木村政希
横浜市における新しい取り組み/柳沢 剛
北の企業城下町の挑戦(室蘭市)/菅 弘司
大学活用で新産業興し(県立会津大学)/神原哲也
フロントランナー型施策としてのSOHOパイロットオフィス実証実験(三鷹市)/宇山正幸
動き始めたさがみはら産業創造センター/渡邊 亮
創業支援PFI「チャレンジ若者ファンド」/片岡 勝
東京都の債券市場構想について/武政 潔
     2月号 合併論再考
「自治体=役所」という幻想―市町村「分離」の歴史から/今井 照
Q&Aで読む市町村合併の動きと改正特例法等の問題点/中西啓之
分権時代の地方財政と市町村合併/澤井 勝
指定都市・中核市・特例市―自治体規模と事務権限委譲、そして合併/岩崎恭典
長野県における広域連合から考える住民主権と広域連合の行方/和田蔵次
広域連合の動きと広域行政の可能性/田島平伸
市町村合併のシミュレーション―各種検討事例にみる市町村合併の効果/南 博
難航する合併問題からみえたもの―浦和・大宮・与野―合併の行方/八景秀一
     1月号 地方分権元年
対談■松下圭一vs.西尾 勝/地方分権改革を超えて〜2000年からの地方自地を展望する
地方分権改革に見る21世紀の地方自治
/田村 明
地方分権一括法に見る21世紀の地方財政/金澤史男
改正地方自治法に見る21世紀の都道府県−市町村関係/大杉 覚