特集('09)

※毎年12月号では、その年の記事タイトル・著者名を掲載しております。こちらもご利用下さい。

    11月号緊急特集 「地域主権」へ〜民主党連立政権スタート
新政権に期待する〜日本の「洗濯」と「選択」/横尾俊彦
動くか地方分権・地方自治〜「地域主権」の確立に向かう新政権/池谷 忍
    11月号特集 災害リスクと自治体
安全・安心行政の範囲〜新たな脅威に備える/平谷英明
地域の防災力を向上させるヒトづくり/福和伸夫
住民参加型水害リスクマネジメントの構築と実践/山田文彦
災害時の要援護者を支える地域の網をつくる/田村圭子
広域化する市町村と減災政策の課題/永松伸吾
国内初! 渡航歴のない感染者発覚〜神戸市の経緯から対策の課題を探る/桜井誠一
市町村の新型インフルエンザ対策/西村秀一
携帯電話を使った参集システムと災害情報の一元化/狭山市消防本部
    10月号特集 人事が自治体を変える!
難局を前提とした人事政策の転換〜開かれた人材登用と多文化主義/西尾隆
成果主義、業績主義、そして能力主義〜人事評価への異なるアプローチ/中村圭介
評価フィードバックが人材育成を変える/煖エ潔
任期付短時間勤務職員〜専門家としての活用法/庄嶋孝広
公務民営化と人材育成〜地域包括支援センター開設を題材にして/三宅正伸
第2期杉並区人材育成計画〜職場全体を学びの場に/田部井伸子
 メンター制度導入で見えてきたこと(富士市)/有川一博
    9月号特集 国との関係を洗い直す
自治体・国関係をどう打開するか/今井照
分権をめぐる攻防は「選挙待ち」〜再び「劇場」に上った分権論議/人羅格
地方財政制度と国・地方関係/門野圭司
地方分権と自治体法務〜「感性」を補強する「行政技術」としての「法務」/吉田勉
福祉政策分野における国・地方関係/石川 久
「国の都市計画」から「自治体の都市計画」へ、「行政的都市計画」から「政治的都市計画」へ/北原鉄也
温暖化対策に係る自治体の役割と国の関与/鈴木洋昌
文化政策の国・地方関係/志賀野桂一
国・地方間の係争処理のあり方と自治事務/編集部
    8月号特集 豊かに「老い」を生きられる地域へ

高齢者福祉の今後の展望/川村匡由
介護で孤立しないネットワークづくり〜男性介護者の介護実態と支援実践から/津止正敏

介護保険制度の改正は介護サービスを変えるか〜地域ケアの構築という視点から/山本 隆

高齢社会の住まいの政策〜「ケア付き適合高専賃」が拓く展望/浅川澄一
介護現場のいま〜人手不足で増える医療行為/篠崎良勝
まちでみんなで認知症をつつむ/大牟田市
介護職員のキャリアアップと定着を図る「神奈川県独自の認定研修」/神奈川県

    7月号特集 行政の“数値化”と説明責任

行政活動の評価と説明責任/武藤博己
基礎自治体施策評価統一指標〜4年間80市の試行から見えてきたもの/熊倉浩靖

循環型社会づくりのベンチマーキング/山川 肇・植田和弘

参加型プロセスの評価項目/城山英明・矢嶋宏光
新公会計制度構築の論点〜全国知事会公会計制度WGの議論から/神山智行
多摩市の決算特別委員会における事務事業評価/岩永ひさか
外部の眼を活かした接遇改善の取り組み/つくば市

    6月号特集 コミュニティの力

地域自治組織と一人ひとりの市民、NPO、行政〜地域自治をどうデザインするか/今川 晃
地域自治区と地域コミュニティ税/宮崎市

あなたの一票で地域が変わる!/一宮市

石巻市のバス交通と稲井地域乗合タクシー「いない号」/石巻市

生態系としてのまちづくり/岡部友彦

地域+α〜全国で盛り上がるコミュニティアート!/下山浩一

    6月号ミニ特集 建築と安全

自治体は建築の安全にどう責任を負うか〜問われた建築主事の法的責任/内山忠明
伝統構法を未来につなげる/鈴木祥之

建築基準法“安全幻想”と自治体の役割/佐藤孝弘

    5月号特集 今こそ果たせ、自治体の使命

「2008―2010世界経済危機」と自治体財政/澤井 勝
自立を促す生活保護制度の確立に向けて/岡部 卓

「公務員人気」と公共サービスの再構築/牛山久仁彦

地域で働く場所を確保する/京都府

「くらしの安心・安全」の実現に向けた信用生協の取組み/藤澤俊樹

ものづくり産業のネットワークで地域企業と地域社会の活性化を図る/横山繁美

    5月号特集 学との連携で明日を拓く

地域・大学連携の必要条件/牧瀬 稔
八王子地域23大学等との連携/八王子市+市内23大学等

まちを守り、人を紡ぐコミュニティFM放送/野々市町+金沢工業大学

ジェロントロジー研究で住みよい高齢社会に/福井県+東京大学

大学との連携で取り組む議会改革―成果と展望/昭和町+山梨学院大学

産学官連携と戦略的都市経営/須坂市+信州大学

橋守カルテ作成で橋延命化/磐田市+明星大学

大学生から送る地方自治体のグリーン購入のすすめ/滋賀県立大学グリーンコンシューマーサークル

    4月号特集 「改革」の未来図

道州制の論点と導入論議の現状/大森 彌
民主党政権で地方はこうなる/谷 隆徳

定額給付金の問題点/山口道昭

裁判員裁判で市民社会は変わるか/渡辺 修

    4月号特集 ピンチをチャンスに!〜転換力は打開力

「何をやめるか」市民が決める/福嶋浩彦
主体としての「人間」、関係としての「資産」/須田春海

資産改革で次世代を拓け/井熊 均

「震央の地」ブランドでまちおこし/星野晃男

コンパクトシティの背後から彼方へ/玉川英則

    3月号特集 「農」と生きる、「農」を活かす

自治・分権時代の農政の課題とこれから/鎌田 司
地域産業としての農業の展望/大隈 満

地場産品のブランド化と地域おこし/大友信秀

未来を見すえた地域づくりで香り高い農村文化社会の実現をめざす/岸上光克

農村のくらしと農地を守るタナセン/柿迫義昭

建設業からリサイクル産業と農業への挑戦/橋場利夫

空家の利活用でIJUターンをサポート/川上村

    3月号特集 これからの図書館

公共図書館の可能性/柳 与志夫
図書館の役割と選書/根本 彰

働くヒトの問題から見た図書館の現状と課題/堀 渡

利用者サービスから見るこれからの図書館/笹沼 崇

財政難・市町村合併と県立図書館/丸地真人
図書館行政における政策立案の現代的意義/渡邉斉志

    2月号特集 NPOとともに築く

自治体と市民活動の接点に浮かぶ論点/松原 明
NPOによるアドボカシーはどこまで進んだか/早瀬 昇

働く場としてのNPO/川北秀人

新公益法人制度とNPO/名越修一

ISO26000(社会的責任規格)とは何か/黒田かをり

    2月号特集 景観まちづくりの現時点

景観行政の現時点と次なる課題/中井検裕
景観法のもとでの都道府県と市町村/北村喜宣

景観まちづくりにおける「地域らしさ」/小浦久子

景観法を使いこなして公園都市を目指す/各務原市

景観法による共有作業/真鶴町
新・景観元年〜美しい景観を未来へ〜/石川県

    1月号特集 地方自治・暗黒のシナリオ

自治の最悪のシナリオ/金井利之
道州制と300基礎自治体構想の行く末/岡田知弘

危機に頻する税財政システム〜政府に対する国民の信頼感喪失と自治体の役割/沼尾波子

自治体のリスク要因はどこにあるのか/松本武洋

地方都市まちづくりは蘇生するか/岩見良太郎
議会が市民軽視になるわけ〜制度改正が自治体議会の“惨状”を救う/今井 一

息子に気をつけろ〜増加する男性介護者による虐待/甘利てる代
自治体が官製ワーキングプアを生み出していいのか/城塚健之

地方分権は「よいシナリオ」か?/行方久生