自治体の債権回収

公職研

自治体の債権回収

自治体の債権回収
  • 地方公共団体は、どこも財政難であり、歳入の確保に向け、大変な苦労をしている。職員は債権回収の方法について、あまり経験が無く、実務的なノウハウが蓄積されてこなかったのが実情である。一口に債権といっても、地方税、国民健康保険料(税)、水道料金、公立病院診療費、給食費、授業料など様々な種類がある。本書は、これら法的性格も回収方法も時効期間も異なる債権を、適正かつ迅速に管理・回収し、現実的に収入の確保を図ることを目的として作成したものである。

目次

    第1章 手引きについて

    第2章 債権回収の基礎知識

    第3章 債権回収の具体例(Q&A)

    第4章 資料編


    < 詳細目次 >

    第1章 手引きについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5

    第2章 債権回収の基礎知識・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
      1 公正証書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12
      2 自己破産・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15
      3 民事再生手続および個人再生手続・・・・・・・・・・・・・19
      4 支払督促・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25
      5 少額訴訟・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30
      6 民事調停・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・33
      7 即決和解(訴え提起前の和解)(民事訴訟法第275条)・・35
      8 訴訟の提起・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36
      9 強制執行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・38
     10 不動産の強制執行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・41
     11 抵当権の実行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43
     12仮差押・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・46
     13差押・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・47
     14 公債権と私債権・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・57
     15 滞納処分・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・59
     16 財産開示手続・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・63
     17 時効・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・67

    第3章 債権回収の具体例(Q&A)・・・・・・・・・・・・・・・・69
     Q−1 住宅新築資金と連帯保証人・・・・・・・・・・・・・・・・70
     Q−2 住宅新築資金と抵当権の実行・債権届出等・・・・・・・・・74
     Q−3 住宅新築資金と破産・・・・・・・・・・・・・・・・・・・84
     Q−4 住宅新築資金と債権差押・・・・・・・・・・・・・・・・・87
     Q−5 住宅新築資金と仮差押・・・・・・・・・・・・・・・・・・90
     Q−6 住宅新築資金と預金差押・・・・・・・・・・・・・・・・・95
     Q−7 生活保護の不正受給と不当利得返還請求・・・・・・・・・・97
     Q−8 福祉関係貸付金の回収・・・・・・・・・・・・・・・・・103
     Q−9 貸付金の回収(中小企業の振興のための貸付金の場合)
          と訴訟上の和解・・・・・・・・・・・105
     Q−10 動産差押(中小企業の振興のための貸付金の場合)・・・・108
     Q−11 債務者が行方不明、死亡、解散(法人)の場合の対応
           (中小企業の振興のための貸付金の場合)・・・・・・114
     Q−12 町営住宅の明渡し(行方不明者の場合)・・・・・・・・・117
     Q−13 行政対象暴力(村営住宅明渡しの場合)・・・・・・・・・130
     Q−14 市営住宅の家賃滞納(連帯保証人に対する請求)・・・・・132
     Q−15 町営住宅の家賃滞納と明渡し(訴訟手続)・・・・・・・・136
     Q−16 給水停止・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・138
     Q−17 水道料金の消滅時効・・・・・・・・・・・・・・・・・・142
     Q−18 給食費の未払・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・144
     Q−19 授業料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・157
     Q−20 公立病院における未払診療費・・・・・・・・・・・・・・160
     Q−21 土地改良区と不良債権処理・・・・・・・・・・・・・・・163
     Q−22 土地改良事業の賦課金と消滅時効・・・・・・・・・・・・170
     Q−23 税の債権差押・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・172
     Q−24 租税債権と訴害行為取消権・債権者代位権・・・・・・・・173
     Q−25 租税債権と担保物権の優先関係・・・・・・・・・・・・・176
     Q−26 無益な差押えの禁止・・・・・・・・・・・・・・・・・・178
     Q−27 超過差押えの禁止・・・・・・・・・・・・・・・・・・・180
     Q−28 納付交渉・納付誓約・・・・・・・・・・・・・・・・・・182
     Q−29 訴訟費用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・184
     Q−30 収監者に対する請求、訴訟等について・・・・・・・・・・185
     Q−31 訴訟上の和解・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・188
     Q−32 債権回収を怠った場合の市長等の損害賠償責任・・・・・・191
     Q−33 不納欠損・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・193
     Q−34 財産調査の方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・195
     Q−35 債権譲渡と差押え(混合供託)・・・・・・・・・・・・・203
     Q−36 地方公共団体施行の工事請負代金が差押えられた
          場合の対応・・・・・211
     Q−37 時効期間、時効中断、時効援用権喪失について・・・・・・212
     
    第4章 資料編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・215



一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.