臨増100号『自治の潮流と自治体職員』

公職研

臨増100号 『自治の潮流と自治体職員』

自治の潮流と自治体職員
  • 文化行政から分権改革、自治の深化と財政の深刻化、市町村合併、そして3.11・・・。臨増創刊以来の代表的な論文を採録した100号記念号。時代を越える自治体課題から職員のあり方が見える。



目次

    【文化行政】松下圭一×田村 明 《対談》市民文化と行政の文化化=1979年=

    【職員論】市政研究グループ 問題提起 岐路に立つ自治体職員(抄)=1982年=

    【職員論】太田久行 私の係長時代=1984年=

    【文化行政】鳴海正泰 逗子市の会議室開放―行政管理の視点から市民文化の視点へ―=1985年=

    【首長】坂田期雄 〈地方自治〉戦後40年首長変遷史(抄)=1987年=

    【首長】恒松制治 学者知事の実践自治論=1987年=

    【行政運営】高寄昇三 構造転換・地域間競争の時代と自治体組織=1988年=

    【職場マニュアル】郷 仙太郎 会議べからず集=1990年=

    【まちづくり】田村 明 21世紀のまちづくり=1993年=

    【分権改革】兼子 仁 自治体の法解釈自治権を展開させよう=1998年=

    【市町村合併】長谷美龍蔵 「合併しない宣言」―福島県矢祭町の選択=2002年=

    【自治基本条例】松下圭一 なぜ、いま、基本条例なのか=2002年=

    【自治基本条例】逢坂誠二 導入部を中心として自治基本条例に取り組む=2002年=

    【参加】今井 照 市民参加の論点=2003年=

    【財政・財務】神野直彦 地域再生に向けた一歩=2004年=

    【市町村合併】大森 彌 「平成の大合併」と基礎自治体のゆくえ=2008年=

    【財政・財務】金澤史男 逼迫する地方財政と自治体運営の課題=2009年=

    【3・11】北原啓司 震災復興の都市計画=2011年=


一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.