採点者が教える論文上達講座

公職研

採点者が教える論文上達講座

採点者が教える論文上達講座
  • 論文試験の実際の採点者が、こっそり教える高得点ゲットのコツが満載。アッという必殺技はもちろん、以外と知らない隠れ技も。合格答案集付。

目次

  • 1 論文の品格
    • ●はじめに
      ●理解力・問題意識が論文の命
      ●論点を軸に骨組みをつくる
      ●理解力とは、全体の自然の流れ
      ●丁寧で分かりやすい表現に心がける
      ●主体性・積極性は何で判断するのか
      ●書き出しと結びがポイント
      ●論述の前提は必ず守ること
      ●良い論文を書くための五箇条
       (1) 相手を知ること。
       (2) 問題意識を磨くこと。
       (3) 書くことに慣れること。
       (4) 人の文章を盗むこと。
       (5) 多くの人に読んでもらうこと。
      ●あなたも、論文の達人に
  • 2 美辞麗句ではなく光る言葉で
  • 1 まずは見た目が大切
    •  (1) 字を丁寧に
       (2) 指定字数の8割は書こう
       (3) 改行をしよう
  • 2 いよいよ採点
  • 3 試験が始まったら
  • 4 常日ごろから
  • 5 小論文にとりかかる前に
  • 6 まず構想メモを
  • 7 ではどんなメモを取るのだろう
  • 8 いよいよ清書
  • 9 わかりやすい文章のために
  • 3 感想文ではなく意見文を
    • ■感想文と意見文
      ■欲を張らない
      ■知識を深める努力をする
      ■マイノリティになる
      ■あなたならどうする?
      ■楽観的な発想が力を生む
      ■二つの違い
       ◆一般的な論文(マジョリティ)の例
       ◆個性的な論文(マイノリティ)の例
  • 4 採用される答案を書くためのポイント
  • 1 問題点を指摘する
  • 2 いい論文を書くためのポイントとは
    •  (1) テーマが的確に理解できている。(テーマ)
       (2) 他人とは違う独自の考えが示されている。(問題意識)
       (3) 自分の考えの根拠が示されている。(説得力)
       (4) 言いたいことがきちんと伝わっている。(構成)
       (5) 読みやすく理解しやすい文章になっている。(表現)
       (6)文字を丁寧に読みやすく書いている。(文字)
  • 3 書くことに慣れる
  • 5 試験論文必勝法
  • 1 「試験論文」は試験だ(考え方の根本)
    •  ●ダメな例をあげましょう。
       ○例えばこう直そう。
  • 2 中学生の作文は書くな(表現と表記)
    •  ●具体的に(ダメな事柄をあげましょう)
  • 3 課題を予測しよう(基礎的な知識)
  • 4 課題の分析と対策
  • 5 構成を考えよう
  • 6 話題の種を用意しよう
  • 7 文章の終わり方
  • 6 何度も何度も文章を書くこと
  • 1 はじめに
  • 2 論文はどのように採点されているのか
    •  (1) 論文の採点基準はこうなっている
       (2) 私はこのように論文を読んでいる
  • 3 採点者からのアドバイス
    •  (1) 「文章力・表現力」(評価項目1)こうして磨く
       (2) 「論理構成力」(評価項目2)はこうして磨く
       (3) 「問題意識」(評価項目3)はこうして磨く
       (4) 「主体性・積極性」(評価項目4)はこうして磨く
  • 7 減点されない答案の書き方
  • はじめに
    • 【採点者は論文のどこを見ているか】
  • 1 課題の読み取り
    • 【聞かれたことに答える】
      【要求されていないことは書かない】
      【勝手な自己アピールをしてはいけない】
      【勉強不足をテーマの転用で補うのもほどほどに】
      【聞かれた形で答える】
  • 2 問題の解決策
    • 【具体例は体験談ではない】
      【意識は高く、視野は広く】
  • 3 構成
    • 【論理的な文に見せる段落構成を】
  • 4 表記・表現
    • 【論文にふさわしくない表現】
      【事前に準備できること】
      合格答案例
      【1】伝統文化と地域の活性化について
      【2】個性ある地域文化を創造するにはどうしたらよいか
      【3】国際化に対応した自治体行政のあり方について
      【4】現代社会における家族について
      【5】若者人口の定住化について
      【6】大都市における安全について
      【7】都市の景観について
      【8】過疎化対策に何が必要か
      【9】地域活性化と行政の役割について
      【10】リサイクル社会と行政の役割について
      【11】現代日本における官僚制の役割について
      【12】労働時間の短縮と余暇の活用について
      【13】魅力あるふるさとづくりについて
      【14】男女共同参画社会の実現と行政の役割について
      【15】個人の自由と社会的責任について
      【16】私の人生観について
      【17】私はこういう社会人になりたいについて
      【18】マルチメディアと自治体行政について


一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.