地方上級論文テキスト

公職研

地方上級論文テキスト

地方上級論文テキスト
  • 論文を書くためのとっておきの極意を、「100のツボ」としてまとめたのが本書である。
    どこから読んでも構わない。読みたいところ、関心があるところから読み始めよう。
    読み進めば、自ずと論文を書く上での総合的な力量を高めることが可能となり、論文を書く力を確実に習得することが出来る。
     

目次

はじめに

第1章 論文試験について

1.地方自治体の職員採用試験と論文試験      10
2.論文はどのように採点されるのか        13
3.論文の評価項目                15
4.論文と作文の違い               18
5.論点を軸に論文を作成する           21
6.論理力のアップに向けて            24
7.表現力のアップに向けて            26
8.合格水準の論文を書くために          30

第2章 論文試験の100のツボ

ツボ 1 職員採用試験での論文の位置づけ 36
ツボ 2 採用試験で求められる人材と論文試験 37
ツボ 3 上級試験で出題されるテーマ        38
ツボ 4 論文試験では、何が評価されるのか     39
ツボ 5 論文試験での評価項目           40
ツボ 6 「主体性・積極性」で問われること     41
ツボ 7 論理力で問われること           42
ツボ 8 「理解力・問題意識」で問われること    43
ツボ 9 表現力で問われること           44
ツボ 10 「理解力・問題意識」が重要        45
ツボ 11 書くことに慣れる             46
ツボ 12 優れた文章から書き方を学ぶ        47
ツボ 13 時事問題に関心を持ち、論文に広がりを持たせる 48
ツボ 14 知識を広める努力をする          49
ツボ 15 公務員になって取り組みたいことを考えておく 50
ツボ 16 受験する地方自治体を研究する       51
ツボ 17 受験する地方自治体の出題傾向を研究する  52
ツボ 18 地方自治に関するキーワードを整理する 53
ツボ 19 時事問題に関するキーワードを整理する 54
ツボ 20 地方自治に関するテーマを整理する     55
ツボ 21 予想されるテーマを整理する        56
ツボ 22 典型的なテーマの論文のモデルを作成する  57
ツボ 23 想定される問題を厳選して論文を用意する  58
ツボ 24 予想したテーマについて、論文の骨子を作成する 59
ツボ 25 グループで同じテーマで論文を書き評価しあう 60
ツボ 26 自分の書いた論文を批評してもらう      61
ツボ 27 論文は作文ではない             62
ツボ 28 感想文ではなく、意見文を書く        63
ツボ 29 意見を書いたら、その理由を書く       64
ツボ 30 評論ではなく、自分の意見を書く       65
ツボ 31 論点をまず決める              66
ツボ 32 多くの論点を設定しない           67
ツボ 33 論点を選択した理由を明確にする       68
ツボ 34 論点についての問題点を明確にする      69
ツボ 35 論点を軸に論文を構成する          70
ツボ 36 課題と解決策は対応させる          71
ツボ 37 解決策は論点に即して論述する        72
ツボ 38 解決策にはオリジナリティをもたせる     73
ツボ 39 解決策の必要性を十分に説明する       74
ツボ 40 全体の構成を論文型にする          75
ツボ 41 「起承転結」にこだわらない         76
ツボ 42 具体例を例示して論文の説得力を高める    77
ツボ 43 数値などの指標を書いて論文の説得力を高める 78
ツボ 44 自分の経験を説明して説得力を高める     79
ツボ 45 一般論や評論は避ける            80
ツボ 46 論理の飛躍に注意する            81
ツボ 47 前向きで明るい内容を書く          82
ツボ 48 外国や歴史の事例の紹介はほどほどに     83
ツボ 49 経験の論述は、自慢話にしない        84
ツボ 50 指定された字数は守る            85
ツボ 51 ふたつの言葉が並ぶテーマに注意する     86
ツボ 52 論文は最後まで書く             87
ツボ 53 問われていないことは書かない        88
ツボ 54 問われたかたちで答える           89
ツボ 55 同じ表現の繰り返しは避ける         90
ツボ 56 論文全体のトーンを一定にする        91
ツボ 57 ひとつひとつの文は、短く簡潔にする     92
ツボ 58 自己アピールは、ほどほどにする       93
ツボ 59 読み返しより、書き始める前の考察を重視する 94
ツボ 60 書き始める前に、論文の構想を考える     95
ツボ 61 試験時間の配分を考える             96
ツボ 62 実質的な採点の対象に乗せる         97
ツボ 63 公務員の採用試験であることを忘れない    98
ツボ 64 公務員になりたいという思いを表現する    99
ツボ 65 地方自治への共感が表れるようにする    100
ツボ 66 論文の締めくくりは、大切にする      101
ツボ 67 論文は書き出しが重要           102
ツボ 68 書き出しは決めておく           103
ツボ 69 論文のまとめ方に注意する         104
ツボ 70 書き出しと結論は、バランス良く書く    105
ツボ 71 テーマの転用で知識不足を補う       106
ツボ 72 あれもこれも書かない           107
ツボ 73 楽観的な発想で、問題を捉える       108
ツボ 74 途中で大きく脱線しない          109
ツボ 75 論述する範囲を明確にする         110
ツボ 76 「社会的文脈」の引用は的確に行う     111
ツボ 77 論点は早めに書く             112
ツボ 78 採点者を疲れさせない           113
ツボ 79 幅広い問題意識と視点で課題を捉える    114
ツボ 80 同じことの繰り返しの主張は避ける     115
ツボ 81 プロットの変更は避ける          116
ツボ 82 「話題の種」を用意する          117
ツボ 83 明らかな字数稼ぎは避ける         118
ツボ 84 自分の意見の正しさを強調する       119
ツボ 85 個性ある主張を付け加える         120
ツボ 86 原稿用紙を書くルールを守る        121
ツボ 87 主語と述語のねじれに注意する       122
ツボ 88 メリハリの効いた文章にする        123
ツボ 89 ナンバリングを活用する          124
ツボ 90 文章の訂正は、ルールを守る        125
ツボ 91 「と思う」「と感じる」「と考える」は、使わない 126
ツボ 92 改行を効果的に行う            127
ツボ 93 小見出しを有効に活用する         128
ツボ 94 幼稚な文、稚拙な表現は避ける       129
ツボ 95 誤字・脱字などのミスには、細心の注意をする 130
ツボ 96 雑な文字は書かない            131
ツボ 97 敬体文と常体文を混用しないこと      132
ツボ 98 読点( 、)の付け方に注意する      133
ツボ 99 「話し言葉」は使用しない        134
ツボ 100 漢字で書くべき字をかな書きしない     135

第3章 論文試験合格答案例

合格答案例1 「これからの地方公務員に求められること」 138
合格答案例2 「高齢化社会と自治体行政」     140
合格答案例3 「現代社会とボランティアの役割について」 142
合格答案例4 「これからの福祉のあり方について」 144
合格答案例5 「雇用問題と地方自治体の役割」   146
合格答案例6 「住民参加と協働のまちづくり」   148
合格答案例7 「地方分権とこれからの地方行政」  150
合格答案例8 「情報化の進展と行政のあり方」   152
合格答案例9 「環境と調和したまちづくり」    154
合格答案例10 「危機管理と地方行政」       156
 

一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.