合格論文の書き方 基礎編

公職研

合格論文の書き方 基礎編

合格論文の書き方基礎編
  • 試験論文への心構えから課題・実例問題の把握、形式と内容の決定までを丁寧にアドバイス。昇進昇格試験論文の決定版。

目次

  • ガイダンス 基礎編への招待
  • 第1章 試験論文というもの
    • §1−1 試験論文とはどういうものか
      §1−2 試験論文に何を求めるのか
      §1−3 誰が出題し、採点するか
      §1−4 何を採点するか
      §1−5 どのように採点するか
      §1−6 試験論文の特色
      §1−7 出題の仕方
           KEY POINT
  • 第2章 試験論文を書く心構え
    • §2−1 大論文を書こうと思わない
      §2−2 うまく書こうと思わない
      §2−3 独り合点の文を書かない
      §2−4 整理して書く
      §2−5 論ずる文を書く
      §2−6 知識ではなく、自分の考えを書く
      §2−7 一般論ではなく、自分が考える具体論を書く
      §2−8 自分の言いたいことを正確に書く
      §2−9 自分で分かっていることを、自分に分かる言葉で書く
      §2−10 自分の信ずるところを書く
            KEY POINT
  • 第3章 課題問題の把握
    • §3−1 論文の手順
      §3−2 意見論文の手順  課題論文
      §3−3 問題はどのようなものか
      §3−4 出題のポイント・動機を把握する  条件付課題
      §3−5 出題のポイント・動機を把握する  対立課題
      §3−6 出題のポイント・動機を把握する  職場課題
      §3−7 出題から自分のテーマを設定する
           KEY POINT
  • 第4章 書く内容の決定
    • §4−1 書く内容のまとめに必要な要素
      §4−2 書く内容をどのように決めるか
      §4−3 事項から論点構成への手順
      §4−4 事項をリストアップし、整理する
      §4−5 事項から論点を抽出する
      §4−6 論点を構成する
      §4−7 書く視点と結論を決める
      §4−8 論点ごとに事項を整理する
      §4−9 論点ごとに書く内容と順序を決める
      §4−10 論点とその内容をまとめ、課題と対照させる
      §4−11 チャートを作成して一覧する
            KEY POINT
  • 第5章 書く形式の決定
    • §5−1 論文の形式に構成する
      §5−2 論文形式の種類
      §5−3 二段構成
      §5−4 三段構成
      §5−5 四段構成
      §5−6 序破急・起承転結
      §5−7 論文形式を選択する
      §5−8 論文内容構成から論文形式構成へ
      §5−9 レジュメを作成する
      §5−10 レジュメ作成の実際
      §5−11 作成したレジュメ
      §5−12 書き流し型について
            KEY POINT
  • 第6章 事例問題の把握・内容・形式
    • §6−1 事例式論文の手順
      §6−2 問題はどのようなものか
      §6−3 出題の内容・意図を把握する
      §6−4 出題の問題点を抽出する
      §6−5 視点と結論を見出す
      §6−6 問題点ごとに原因を検討する
      §6−7 問題点ごとに対応策を決める
      §6−8 レジュメを作成する
           KEY POINT
  • 第7章 文章の書き方
    • §7−1 用語について
      §7−2 正確な表現について
      §7−3 文体について
      §7−4 自分の普通の文章
      §7−5 どのような文章を書くか
      §7−6 説明をする文章  言葉不足
      §7−7 説明をする文章  説明不足
      §7−8 意味の明確な文章  内容の明確さ
      §7−9 意味の明確な文章  文章の明確さ
      §7−10 論理的な文章
      §7−11 読みやすい文章
      §7−12 分かりやすい文章
      §7−13 プラスアルファの文章
            KEY POINT
  • 第8章 論述の仕方
    • §8−1 論述するということ
      §8−2 論理のレベルについて
      §8−3 事実と認識と意見
      §8−4 段落とは
      §8−5 段落を構成する
      §8−6 レジュメに基づいて書く
      §8−7 レジュメに対応した段落
      §8−8 段落構成の実際
      §8−9 論述の仕方の例
           KEY POINT
  • 第9章 記述の仕方
    • §9−1 原稿用紙の書き方
      §9−2 原稿用紙の用例
      §9−3 文字について
      §9−4 見出しや番号・記号を使う
      §9−5 記述を整理する
      §9−6 どのように書き始めるか
      §9−7 どのように締め括るか
      §9−8 読み直してみる
      §9−9 どうチェックするか
           KEY POINT
  • 第10章 課題への応用
    • §10−1 行政課題問題 その1
      §10−2 行政課題問題 その2
      §10−3 行政課題問題 その3
      §10−4 行政課題問題 その4
      §10−5 行政課題問題 その5
      §10−6 職場課題問題 その1
      §10−7 職場課題問題 その2
      §10−8 職場課題問題 その3
      §10−9 職場課題問題 その4
      §10−10 事例式問題 その1
      §10−11 事例式問題 その2
      §10−12 事例式問題 その3
      §10−13 事例式問題 その4
             KEY POINT
  • 第11章 試験における対処の方法
    • §11−1 試験場でまずどうするか
      §11−2 何を書いたらいいか
      §11−3 チャートができない
      §11−4 レジュメができない
      §11−5 時間がない
      §11−6 書き出しと締め括り
      §11−7 予定どおりに書けない
            KEY POINT


一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.